利尻昆布ヘアカラートリートメント

ヘアカラーの白髪用と黒髪用では何が違うのですか?

ヘアカラーは「白髪用」「黒髪用」の2種類があります。

 

わざわざパッケージにも書いてありますが、白髪の人が黒髪用であったり、
その逆を使ってはいけないのでしょうか。

 

 

もともと黒髪用のものと白髪用のものは別物です。

 

わかりやすくいうと、染めるという仕組みは同じだとしても、白髪を染める方が
染料は濃くなっていますが、黒髪用は黒髪の色を抜いて明るくしていきます。

 

黒髪用は髪の毛を今の色よりも明るくするのに対し、白髪用は髪の毛を今の色より
黒く(暗く)染めていきます。

 

ただ、黒髪用では白髪を上手く染めることはできないかもしれませんが、白髪用は
黒髪もある程度は染めることができます。

 

そのため、白髪のある人は白髪が目立ち始めたら白髪染めを使ってもOKなのです。

 

でも「白髪染め」というと抵抗がある!と言うことがありますが、30代でも使用できる
カラー感覚で使える明るい白髪染めもあります。

 

結局のところは白髪染めを購入するのが恥ずかしいか、白髪が目立つのが恥ずかしいかで
どちらを購入するかを選んでも良いでしょう。

 

 

美容院で染める場合は別ですが、自宅で染める場合には成分や染め上がりも違うので
白髪が気になり始めたら、量に関係なく白髪用を選ぶ方が綺麗な仕上がりになります。

 

女性用ヘアカラーから男性用ヘアカラーに変えてみようと思うのですが何が違うのでしょうか?

ヘアカラーには男性用と女性用があります。

 

同じメーカーからも男女別のものが出ていますが、夫婦別々よりも兼用で使えれば・・・
と思う人もいると思います。

 

たしかに今は天然系の白髪染トリートメントは男女兼用のものもありますが、
男女の違いがあるものは「成分が違う」と考えて良いでしょう。

 

 

美容院などでは、男性も女性も同じものを使います。

 

しかし、セルフケアをするタイプは男女別になっているものが多いですが、
男性の方が成分が強くて染まりやすくなっています。

 

また女性の方がカラーも種類も豊富で、髪のツヤや香りなどいろいろな面に
配慮されています。

 

それに対し、男性は「早染め」などニオイよりも簡単さが重視されていたりします。

 

 

最近ではオシャレな男性も多いので、カラーを選びたい場合は女性用を選んだり、
染まりにくい女性なら男性用を選んでみると良いでしょう。

 

メーカーなどによってポイントはそれぞれ変わってくるので、購入前に価格よりも
パッケージに書いてある特徴を確認するとお気に入りのヘアカラーを見つけることが
出来ると思います。

 

また、女性用から男性用ヘアカラーに変えると強いので暗くなってしまうことが
ありますので、カラー選びも良く考えてくださいね。